越谷駅から徒歩1分の歯医者:越谷エース歯科

構造

インプラントの構造
インプラントは、大きく3つの構造からできています。
インプラント構造 1.インプラント体(フィクスチャー)
 歯の根っこにあたる部分で、
 顎の骨にこの部分を埋入します。
2.アバットメント
インプラント体と歯にあたる部分を
つなぐためのもので、差し歯の治療
をする時の土台の歯にあたります。
3.上部構造(人工の歯)
歯にあたる部分で、いわゆる差し歯と同じものです。

なぜチタンなのか
インプラントに使われる金属には、身体に悪影響を及ぼさない(為害作用がない)だけでなく、
細胞と結合してくれること(生体への親和性)、さびない・磨耗しないこと(耐蝕性・耐摩耗性)
などの条件があります。
何故チタンが最適なのかについては、様々な理由があります。

一つは、「酸化膜」の存在。
表面の膜が、金属イオンの溶出を防ぎ、
アレルギー反応を起こしにくくさせていると考えられています。

二つ目は、軽くて、硬いこと。小さい部品ですが、日常的に体内に入れるものは、
少しでも負担が少ないものが望ましいです。

また、人間の咬む力というのは想像以上に強いので、高い強度も求められます。
インプラント治療にチタンが使われるようになったのは、
偶然の発見がきっかけですが、このような理由により、
現在でもチタンが最善の材料として用いられているのです。


インプラントができない場合
インプラントをした方が良い場合でも、すること自体が難しいことがあります。

1.顎の骨の不足
2.全身的な健康状態
3.チタンアレルギー
4.歯ぎしり・食いしばりが激しい
5.口の中の手入れが悪い

当院では、インプラントをご希望される場合でも、ご自身の健康を考えたうえで、
やむをえなく他の治療法をおすすめすることもあります。
もっとも、技術の向上により、骨を移植したり、再生する方法が確立されています。
また、全身的な病気がある方でも、十分にコントロールされていれば、
インプラントを選択することも可能です。
ご相談させて頂いたうえ、患者さんと一緒に治療法を選んでいきます。

ページの最初へもどる