高品質セラミック

越谷エース歯科 > 高品質セラミック

セラミックを用いた治療

虫歯や怪我などで差し歯(被せもの)になってしまった場合、保険治療と自由診療の2つ選択肢があります。
どちらも表は白い歯で修復することはできますが、精度や見た目、長期間の劣化などで大きな違いがあります。


※症例写真ではありません。

保険との比較

セラミック治療は自由診療(保険適用外)です。

  自由診療 保険治療
イメージ
見た目 基本、金属は一切使用しませんので、表も裏も白くなります。 セラミックを用いてますので、色の種類も多く、透明感もあり、ほぼ自分の歯と変わりません。 金属のフレームにプラスチックを張り付けたものになります。表は、白くなりますが、うらは金属です。少し人工的な色調になることが多いです。
長期間経過 セラミックは、セットした時の色調が維持されきれいな状態が保たれます。表面に、着色がついても(あまりつきませんがヘビースモーカーなどは稀に起こります)クリーニングですぐにとることができます。
つまり、セラミックを用いた治療は、一度セットすると、長期安定性があり、やり直すことが少ない治療法です。
表面のプラスチックは、水分を吸収しますので、時間がたつと変色が起こります。早い人で半年から変色が見られるようになります。